【西荻窪】熟成寿司の名店“まるふく” 13,000円で感動したい人はすぐに行くべし!


こんにちは。にんにくは好きですがお腹にやさしくないので生姜の方が好きです。

どうも吉祥寺Above副店長の田母神です。

 

 

お寿司好きですか?

 

僕はめっちゃ好きです。

なんの脈絡も無く始まってしまいましたが、最近異常にお寿司が食べたくなることが多く、改めて思ったわけです。

 

「あ、俺寿司好きだわ」

 

そんな寿司好きな僕ですが、ふと気づきます。

 

よくよく考えてみると自分のお金で高級な寿司屋に行ったことがないことに。

というか子供の頃じいちゃんに連れて行ってもらって以来高級なお寿司屋さん自体行ってないかも・・・

 

これは行くしかない! どうせ行くなら全部お任せのコースで、醤油はハケでひと塗りして出してくれて、シャリは赤酢を使っているところ!

 

完全に浮かれまくり。 そしてインスタの見過ぎです。(インスタで上がってくる美味しそうなお寿司屋さんはハケで醤油をひと塗りしてくれるイメージ)

 

とは言っても行きたくなってしまったものはしょうがないですし、こうなってしまったら止まらないのが僕です。

 

暇さえあればスマホで寿司屋を探しまくる狂乱の日々。時にはお客様に聞いたり・・・

 

そしてとうとう上の3つの条件に当てはまるお寿司屋さんを発見!

 

しかも吉祥寺の隣駅である西荻窪!

 

直前まで池尻大橋のお店とも悩んでおりましたが、行ってまいりました。

 

【西荻窪】熟成寿司の名店“まるふく”

 

JR西荻窪から荻窪方面に歩くこと5分ほど、向かって左側にひっそりと佇んでおります。

 

 

高級感のある佇まい。ここは本当に西荻なのか・・・

 

メニューはおまかせコース13,000円のみ! 今回は26品でした。

 

 

枝豆のすり流し

 

 

九絵32日熟成 黒ムツ8日熟成

九絵は最大で50日くらい熟成できるとのこと

お肉の熟成と一番違うのは“菌”を使わない点と温度の低さとのこと。 目から鱗です。

 

アオリイカ スダチと塩

 

 

スミイカの山わさび和え

 

 

平目23日熟成

 

 

水ナスのしょっつる和え

 

ナンプラーでもできるとのこと。美味しかったので家でも作ってみようかな

 

 

目一鯛 7日熟成 3キロの珍しい大物とのこと。 めっちゃ美味しい・・・

 

真鯛の白子の漬け炙り 小ぶりでも濃厚で旨味が爆発します。 添えてあるわさびの茎もまた美味しい。

 

 

本鮪赤身  やっぱ・・・鮪が好きです・・・

 

 

塩締め酢締め鯵 10日熟成 光り物を熟成だなんて・・・美味しい

もずく じゅん菜 枝豆 トマト 三杯酢のジュレで  見た目も味も美しい

穴子一夜干し  穴子の一夜干しなんて初めてでしたが、上品な味で美味しいです。食感がプリッとしていてくせになりそう。

 

 

梭子魚(かます) かますのお寿司ってあったんだ・・・

そしてこの辺から何日熟成か全くわからなくなりました(酔った)

 

のど黒 蒸し寿司

出汁の餡がかかっていて、下にシャリが隠れてます。 これがまた美味! 天才すぎるこの組み合わせ。

 

蒸し鮑 肝ソース

説明いらないですねw そして鮑を食べたところに〜

 

 

シャリを入れて混ぜて食べます。

そしてそれを食べた後は今度は日本酒を入れて肝をからめて飲み干して3度美味しい。おいおいどんだけだよ。

 

手渡しでくるのは 焼き毛蟹の握り  蟹がそこまで好きじゃない僕もこれはうまい・・・

 

あん肝巻き

いやあん肝はもちろん美味いのだけど、巻いてある海苔がまた美味い! 海苔だけもっと食べたいくらい。

 

焼きうにギリ

シャリとウニを混ぜて焼いたもの。かわいいネーミングだけど味はモンスター。

 


鰹の酒盗茶碗蒸し

どっしりコクのある出汁が効いた茶碗蒸しに乗っかるはウニとキャビア。そして下にかくれる鰹の酒盗を混ぜて食べればそこは桃源郷。

 

塩締め甘エビ

上に乗っているのは海老ミソと自家製の海老塩。 この海老塩だけでご飯3杯いけちゃいそう。そして自分が海老アレルギーなのも忘れそう。

 

海老のスープ

そしてその海老の頭から出汁をとったスープ。 中が写ってないのはご愛嬌。

 

中トロ

丁寧に筋をとった中トロ あの・・・やっぱり鮪が好きです・・・

 

北海道瀬棚産のウニ

これが!今回のベストでした! 1年で2ヶ月弱しか漁をしない非常に収穫量の少ないウニだそうです。

ミョウバンも不使用で、ちょっと美味すぎるウニ。 まるふくさんでも提供期間が限られるそうなので食べたい方はお早めに。

 

玉子

ピントが合わないくらいには酔ってます。 出汁が溢れてきて本当に美味しい。

 

あおさの味噌汁

いよいよどこにピント合わせてるかわからないし画角もひどい

 

穴子 青柚子を散らして

締めは穴子でした。青柚子が爽やかに香って、お腹いっぱいでも食べられちゃいます。 なんて上品な穴子・・・

 

2人でビール2杯の 日本酒4合で3万円ちょっと。

 

こんだけ食べて飲んでこれはめっちゃ安い。 回転寿司が大好きな僕もこの価格ならちょこちょこいけそう。

 

大将も女将さんも気さくでピリピリしたムードは皆無。

 

西荻窪の名店“まるふく” ネットからも予約が簡単に取れるので是非行ってみてください。

 

カウンターのみの10席なので予約はお早めに。

 

よろしくどうぞ

 

ではでは

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京都武蔵野市吉祥寺にある美容室Above the beauty island(アバーブ ザ ビューティーアイランド)にてDesignerとして活躍中 毛髪理論の資格も取得し、吉祥寺一の毛髪・薬剤理論オタク。 得意技術はダメージを徹底的に抑えた艶・カラーリング。 サロンワークではヘアケア、ホームケア、ランチ、ディナーのお店、飲み屋、更には明日のお弁当まで幅広くアドバイスをしている。 撮影・講習など外部でも活躍中。 現在6月1日に発売を控える話題のカラー剤【THROW】のWEBメディア【THROW journal】にて公式ライターとして参加。 カラーに関する情報をスペシャリストとして一般、美容師のどちらの方にも有益な情報を発信中 http://throw-web.com/journal