【吉祥寺/美容師】田母神佳祐 公式サイト【Above Kichijoji】

やったことも見たこともない技術


こんにちは。 梅雨に入るととりあえず晴れるのはなんでだろう

 

どうも吉祥寺の美容室Aboveのスタイリストの、 空梅雨と思わせてフェイントでドサッと雨が 田母神(たぼがみ)です。

 

 

 

E297BF97-B1FB-49E5-9C1B-28CB6A336203

 


 

営業後、原島がなにやらウィッグにパーマをかけるようで、ロッドを巻いてます。

 

801EB57B-C5CD-4458-8BD8-F2BCD5A0C1DE

 

ふと見ると、襟足の短い所に大分苦戦中・・・

 

あぁ、なるほど。

 

美容師になってからその太さのロッド巻いた事ないもんね。

 

そりゃ出来ないわけです。

 

ましてや短い襟足をリングコームのテール(クシの先っぽ)を使ってペーパーをかませて上手く巻いていくなんて・・・

 

3A9BAD7C-70B3-41A5-8359-0548AFB76FC3

 

↑ 上の薄いオレンジ色のロッドの直径は3mmです。

 

僕が美容師になって働き始めたお店は、ミセスの方に強めにしっかりパーマをかけて、ロールブラシで伸ばして毛流れを作る! ということが多く、毎日このくらいの細さのロッドを巻いてはブローして、巻いてはブローして・・・なんてことが日常茶飯事でした。

 

今でもそういうスタイルのお店はまだまだあるんでしょうが、Aboveではこの太さのロッドはなかなか使うことがありません。

 

なのでカリキュラムの内容にも必然的になく、アシスタントの子が巻けないのも当然と言えば当然。

 

僕はワインディング(ロッドを巻くこと)が非常に苦手で、特にこの細いショートロッドは本当にイヤになるくらい練習した覚えがあります。

 

時代とともに技術は変わりゆきますが、普段あまり使わない技術もいつか役に立つ事もあります。

 

新しいから、古いから、流行ってるから、流行ってないから。

 

なんであれ、とりあえずやってみる

 

技術職は大事ですね。

 

 

(まだ巻き終わらないけど大丈夫かな・・・)
 
よろしくどうぞ

ではでは
田母神のご予約はこちらから!

ヘッダー@

この記事を書いた人

田母神 佳祐【美容室/吉祥寺】Above 吉祥寺 スタイリストTwitter:@tabogami7
東京都武蔵野市吉祥寺にある美容室Above the beauty island(アバーブ ザ ビューティーアイランド)にてDesignerとして活躍中
毛髪理論の資格も取得し、吉祥寺一の毛髪・薬剤理論オタク。
得意技術はダメージを徹底的に抑えた艶・カラーリング。
サロンワークではヘアケア、ホームケア、ランチ、ディナーのお店、飲み屋、更には明日のお弁当まで幅広くアドバイスをしている。
撮影・講習など外部でも活躍中。

現在6月1日に発売を控える話題のカラー剤【THROW】のWEBメディア【THROW journal】にて公式ライターとして参加。
カラーに関する情報をスペシャリストとして一般、美容師のどちらの方にも有益な情報を発信中
http://throw-web.com/journal

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

Twitterで田母神佳祐をフォローしよう!

関連記事

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー